にきび

愛西市の皮膚科、とみよし皮膚科クリニック

とみよし皮膚科クリニック
お問い合わせ 0567-32-1112

〒496-0924 愛知県愛西市善太新田町十二上79-1

平成31年6月 開院

にきび

ニキビは保険適応で治療できます。

ニキビは化粧品や自費で治療するものと誤解されている患者様もいらっしゃいますが、昔と比べて保険診療でもニキビに有効な薬が登場してきています。当院では、ニキビの治療に力を入れています。愛西市・津島市・蟹江でニキビにお悩みの方はとみよし皮膚科クリニックまでお気軽にご相談ください。

ニキビとは?

ニキビとは毛穴にできる皮膚の病気です。毛穴が詰まることで、皮脂が毛穴に溜まります。 (コメドと呼ばれます。)その後、毛穴にいるアクネ菌が増殖し、炎症を起こし、赤ニキビや黄色のニキビができます。放っておくとニキビ跡に変化します。

ニキビの原因

ニキビはホルモンバランスの変化や生活習慣により①皮脂の分泌量が増加し、②毛穴が詰まることによって始まります。この状態はアクネ菌が成長しやすい環境で、放っておくと③炎症が起きてしまいます。

そのため、治療では毛穴の詰まりの解消、増えすぎたアクネ菌の殺菌、生活指導や漢方薬の処方などを行います。

当院の治療方針

POINT1 お肌の状態に応じて様々なニキビの治療薬を使い分けます。

毛穴の詰まりを改善する薬

肌の表面をピーリングする薬剤を使用します。目に見えないコメド(毛穴の詰まり) を除去していくことが重要なので、最終的には広範囲に使用していきます。

アクネ菌を減少させる薬

抗菌薬を用いてアクネ菌の増殖を抑えます。赤くなっている部分にのみ塗ります。途中でやめると耐性菌が発生しやすくなる為、医師が辞めて良いと指示するまで治療が必要です。

スキンケア・生活指導

洗顔・保湿・紫外線防御といったスキンケアと、化粧品の選択・日常生活の注意点について適切な指導を行います。

POINT2 塗り方を丁寧に指導します。

ニキビの薬には、刺激症状とかぶれの症状といった副反応があります。当院では副反応を予防する為、複数の薬を組み合わせて塗り方に工夫をしていきます。 朝と夜の塗り薬・飲み薬が異なる場合がございますので、診察終了後に看護師から患者様お一人おひとりにあわせた塗り方をお伝えさせていただきます。

ニキビの治療には時間がかかります

多くの場合、抗菌薬を用いてアクネ菌を減少させますが、途中で使用をやめてしまうと、耐性菌(薬が効かない菌)が出てきてしまいます。そのため、自己判断で治療を中止せず、少なくとも3か月以上は継続して通院をお願いします。

ニキビ治療に関するよくある質問

Q:ニキビは自分でつぶしてしまうと何故よくないのですか?

A:皮膚科では、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)と呼ばれる針を用いて毛穴に溜まった皮脂や膿を摘出する処置を行います。毛穴に溜まった皮脂や膿を出すこと自体は悪いことではありませんが、指ではうまく取り除くことができず、菌が入ってしまったり、毛穴自体を傷つけてしまい、ニキビ痕の原因となるケースがあります。その為、気になるとは思いますが、ニキビを自分でつぶすのは控えてください。

Q:額にできたニキビを隠そうとすると悪化するというのは本当ですか?

A:はい、もともと額は皮脂量が多い部位でニキビができやすい傾向にあります。額にできたニキビを前髪で隠そうとされる患者様は多いのですが、毛先が常に当たっていると、刺激になり、かつ菌が入りやすくなります。

Q:ニキビの保険診療と自由診療の違いはなんですか?

A:基本的に今ニキビができている患者様に関しては、保険診療で治療されることをお勧めします。ニキビの自由診療で一般的に行われている治療方法として、ケミカルピーリング・レーザー・針で皮脂腺を焼く等が挙げられますが、目的としてはニキビの赤みを軽減する・ニキビができにくい肌にするというものと考えています。 まずは保険診療を行ってみて、効果が不十分だった、何度も繰り返してしまうという方は自由診療を行うことを推奨致します。

漫画でわかるニキビ治療

ニキビについて、日本ざ瘡研究会様が漫画でわかりやすくまとめております。ぜひご覧ください。

<漫画URL>
https://www.ibmd.jp/zasou/release/

<日本ざ瘡研究会URL>
http://www.ibmd.jp/zasou/

症状が急に変わることもあります。疑問な点や困った事がありましたら、なるべく早目におたずねください。